/ #Hugo 

ローカルディレクトリをS3にAWS-CLIを使った同期する

もくじ

今回作るもの

はい👻

ローカルディレクトリをAWS-CLIでS3に同期する。そのまんまですね笑

前提

  • AWS-CLIが導入されている
  • AWSのアカウントを持っている

では 作っていきましょう👻

マネージメントコンソールからS3のコンソールに入ります。

「バケットの作成」 をクリック

適当なバケット名をつけて下までスクロールして「バケット作成」

下記のコマンドでS3にディレクトリを送信できます

$ aws s3 sync --delete 送りたいディレクトリ s3://送信先バケット名

コマンドの補足説明

  1. sync : バケットに見つからないか、新しくなったオブジェクトをバケットへコピーする
  2. –delete : ソースに存在しないファイルを削除する

Hugoでpublicディレクトリを送信したい場合は、下記な感じです。

$ cd パス # 作ったサイトまでカレントディレクトリを移動させる。
$ aws s3 sync --delete ./public s3://xxxxxxxxxxxxxxxxx

また上記のコマンドはHugoのデプロイでしょっちゅう叩くことになるので
deploy.shとでも名前をつけて、その中に$ aws s3 sync ……を書いて置 S3のコンソールから、バケットを選択してファイルが入っていることを確認する。

はい。完了です。

削除手順

一応S3のバケットの削除手順をのせます。
バケットは中が空じゃないと削除できないので、
始めに「空にする」を押した後に「削除」をクリックしましょう笑

はい👻
お疲れさまでした。

Author

Sisii

AWSが好きなフリーランスのエンジニア。主にAWSを使ったバックエンドの開発をしています😊最近Frontも始めました